★クラウドファンディングへのご協力ありがとうございました★

 

  3000円以上のご寄付をいただいた方へは

後日ゲネプロの動画を送付させていただきます。

公演情報

劇団五期会 第75回公演

 

「ハムレット奇譚」 

 

 2022.9.30(FRI) ~ 10.02(SUN)

 @ ABC-HALL 

 

 原作:W.シェイクスピア

  「ハムレット」より

 翻案・脚色:イシワキキヨシ

 翻訳:神澤

 演出:井之上淳

 

 美術:堀容子

 音響効果:須川由樹(T&Crew)

 照明:染川充成

 舞台監督:出口勇作(ONE WEEK)

 ドラマトゥルク:神澤和

 宣伝美術:山口良太(slowcamp)

 宣伝写真:坂下丈太郎

 制作協力:尾崎商店

 製作:劇団五期会

 

 

 

 

●第50回大阪劇団協議会フェスティバル参加(主催/大阪劇団協議会)
●関西俳優協議会新人研修事業参加(主催/関西俳優協議会)
●助成/アーツサポート関西(公益財団法人関西・大阪21世紀協会内)

令和4年度文化庁芸術祭参加公演

 

あらすじ

リア王・ロミオとジュリエット・ヴェニスの商人と続く、

イシワキキヨシの描く、五期会シェイクスピア第四弾

 

舞台はデンマーク王国・エルシノア城。

父である先王は急死し、母ガートルードは叔父である現王クローディアスと再婚、

悲しみと憤りに暮れる王子ハムレットの前に、父の亡霊が現れる。

亡霊は、弟クローディアスこそが自分を暗殺した悪党であると告げ、息子ハムレットに復讐の誓いを立てさせる。

ハムレットは葛藤の中復讐を果たすが、恋人や母親さえも失い、自らの命も尽き果てるのであった。

このあまりにも有名は復讐劇には、知られざる真実があった。

 

物語の案内人は、悲劇の中ひとり生き残ったホレイショーと、

なんとウィリアム・シェイクスピアの孫ウィリアム三世!

彼らが聞いた真実、そして目にした光景とは……

 

ウィリアム・シェイクスピア四大悲劇の名作

『ハムレット』の血・権力・愛憎渦巻くもう一つの奇譚―――

 

 

出演 尾崎麿基、森畑結美子、小川悦子、井之上淳、宇仁菅真、林和子、

          牛丸裕司、 勝村愛、内山絢貴、植村美咲、中原央人、石野りく、

           山根翔大、北岡里都、枯木隆志、神野春樹、東口雛乃、

          村井祥悟、松岡慧人

 

 

ご来場の皆様へのお願い

 

新型コロナウイルス感染拡大予防対策にてご協力をお願いいたします。

 

 〇 入場者数を定員の1/2以下に制限し、座席間の距離をあけて着席していただきます。

 〇 37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。

 〇 マスクを着用されない方はご入場いただけません。

 〇 入場される際、手指の消毒をおねがいいたします。

 〇 差し入れの預り、公演終了後の面会をお断りさせていただきます。

 〇 ご来場前に ABCホール ウェブサイト掲載の〔新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い〕をご確認ください。

   こちらから ABCホール Websiteの〔新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い〕をクリック

 〇 感染の再拡大などにより、公演の中止や、出演者、公演内容等が変更となる場合がございます。ご了承ください。